アナタは大丈夫?AGAはこんな原因で発症します

これがAGAの原因だ!

男性型脱毛症のAGAは、思春期以降の大人の男性が発症する病気で、頭頂部や前頭部などのボリュームが少なくなったと感じる人が多いです。

家族に薄毛の人が多い場合は、多少は遺伝的な要因もありますが、精神的ストレスや疲労、食生活の乱れ、睡眠不足などが原因で、ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンのテストステロンの分泌が活発になり、ヘアサイクルに乱れが出て、成長期がストップしてしまいます。

細い毛や、短い毛も抜けやすくなり、枕や排水溝に抜け毛が大量に付いている場合は、要注意です。

薄毛や抜け毛を改善するために、生活習慣を見直す必要があります。

アナタももしかしてAGA?こんなハゲ方に要注意

男性型脱毛症のAGAは、額の生え際が薄くなってくるM字はげや、頭頂部のボリュームが無くなったり、前頭部が後退する場合があります。

様々な種類が複合しているケースも多く、治療をせずに放置をすると、薄毛が進んでしまいます。

頭皮が脂っぽく、べたつきやすい人や、フケや痒みなどに悩んでいる人は、正しいヘアケアを行ったり、専門クリニックを受診して、頭皮チェックをしてもらいましょう。

男性型脱毛症のAGAは、少しずつ進行をするため、普段から鏡を使って、チェックをする習慣を付けることも大事です。

弱酸性で洗浄力がマイルドなシャンプー剤を選んで、頭皮の清潔を保ちましょう。

AGAかどうか不安なら、セルフチェックで診断してみよう

男性型脱毛症のAGAは、誰でも罹る可能性がありますが、親族に薄毛の人が多い場合は、遺伝的な要因もあるので、罹りやすい傾向があります。

男性型脱毛症のAGAは、少しずつ進行するため、早期に発見をするために、抜け毛の量を確認したり、生え際が後退していないか、全体のボリュームが減っていないか、普段から鏡を使ってチェックをする習慣を付けると良いでしょう。

配偶者やお子様などの家族に、薄毛を指摘されて気付いた経験のある人も多いです。

早い人であれば、20代前半から発症するため、若い人でも油断しないことが大事です。

あなたの薄毛はAGA以外の病気が原因かも!?

男性型脱毛症のAGAは、頭頂部や側頭部、前頭部などが薄くなってきて、少しずつ進行してきますが、AGAではない可能性もあります。

頭皮環境が悪くなってしまい、脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患に罹っている場合は、皮膚科で治療を受けると、抜け毛が改善するケースがほとんどです。

円形脱毛症は、円形状のはげが複数できる病気ですが、AGAとは違い、自己免疫疾患のひとつなので、病気の原因が違ってきます。

市販の育毛剤では効果が出にくいので、皮膚科に通院をして、内服薬や外用薬を処方してもらう必要があります。

軽度の場合は、自然治癒することも多い病気です。