AGAの薬といっても種類は色々。薬別の特徴は絶対に知っとくべき!

最も有名な治療薬、プロペシアの特徴

ジヒドロテストステロンを抑制することがAGA治療において最も大切なことです。

プロペシアはフィナステリドを含有する治療薬であり、男性ホルモンの過剰分泌を抑えることができます。

女性はAGAになることはほとんどありませんが、その原因として男性ホルモン分泌が少ないことがあります。

男性ホルモンは頭頂部、前頭部、生え際を薄くする作用があり、これらの部位を中心として薄くなるならAGAだと考えられます。

薄毛治療のためには6ヵ月以上の服用が好ましく、実感したあとも継続してください。

継続することで髪を元気にし、ハリのある状態に変えてくれます。

最新型の認可薬、ザガーロの特徴

ザガーロもプロペシアと同じく、ジヒドロテストステロンを抑制するために役立ちます。

デュタステリドを有効成分としており、5αリダクターゼの1型・2型に作用することで、薄毛を予防してくれるのです。

発毛をさせる薬というよりも、薄毛の原因を抑制すると考えるのがよいでしょう。

男性ホルモンによる影響を抑えることで、薄くなっていない部位の毛量に近づけていきます。

AGAの場合は側頭部・後頭部などはあまり薄くならないのが特徴であり、これらの部位と同程度の毛量に復活できれば成功と言えるでしょう。

頭髪全体が薄くなっている場合は、男性ホルモンが原因ではありません。

市販の育毛剤にも含まれてる?ミノキシジルの特徴

ミノキシジルは毛細血管を拡張して、血流をよくする薬です。

発毛剤として薬局で販売されていますが、第一類医薬品のため購入には許可が必要です。

育毛剤のように気軽にチョイスして使用できるものではなく、薬剤師に使用可能か確認をとる必要があります。

血管を拡張すると毛母細胞が元気になり、毛根に栄養素をうまく供給することが可能です。

それによって髪の毛が太くなってきて、ボリュームも復活するのです。

AGAの場合はプロペシアやザガーロと併用し、男性ホルモンの作用を抑えていくことが重要となります。

ホルモンバランスを正常化するためにも、生活の改善も並行していきましょう。

HARG療法やメソセラピーなんて治療法も

メソセラピーは頭皮の栄養をレーザーと超音波によって浸透促進をするもので、育毛剤を普通に使用するのとは比較にならない効果があります。

育毛剤や発毛剤にも発毛成分は含まれていますが、それをより効率よく浸透させる治療と考えるとよいでしょう
HARG療法は髪の成長因子を活性化させる治療法で、非常に高い実感率を誇っています。

90%以上の方が実感をしており、最新治療という位置づけになっています。

髪が毛根から元気になってコシを取り戻し、そのままの状態で成長してくれるのです。

薄毛が気になるけど、かつら・植毛に頼りたくない方におすすめです。