症状の違いでこんなにも違う!AGAの症状と治療の効果とは

AGAは禿げ方で治療の効きも変わってくるんです

AGAはDHTという物質によって引き起こされると言われています。

これは男性ホルモンが酵素によって変化した物質であり、髪の毛の成長を阻害してしまうということです。

AGA治療ではDHTの生成を抑制することができるため、頭頂部型や前頭部型のAGAだけでなく生え際(M字)型のAGAにも効果を発揮してくれると言われています。

AGAはDHTだけでなく、血行不良が原因で引き起こされることもあります。

血行不良になると髪の毛の成長に必要な栄養素がしっかり届かなくなってしまいます。

AGA治療を行うと縮小してしまった毛細血管を拡張することができますし、 血行不良になりやすい生え際にも良い影響を与えてくれるでしょう。

治療には根気が必要?効果が出るまでの期間

AGAは治療を始めてからどのくらいで効果を実感できるのか気になっている人もいるでしょう。

治療の効果が出るまでの期間は体質によっても異なりますし、薄毛の進行状況によっても変わってくるということです。

治療を始めてから効果を実感できるまでの期間としては、3~6ヶ月が平均とされています。

治療には即効性はないため、継続して行うことが大切です。

症状が軽い場合は3ヶ月程度で実感できることもありますが、かなり進行している場合は1年以上続けてもあまり効果を実感できないこともあるでしょう。

髪の毛には毛周期があるため、それに合わせた治療が必要となります。

実際どれくらい効果は持続するの?

AGA治療の効果はどれくらいの期間で実感できるのかはもちろん、その効果がどれくらい持続するのかも知っておくことが大切です。

AGA治療で薬を服用している間は薄毛をきちんと押さえることができます。

しかし、服用を中止すると少しずつ元の薄毛の状態に戻ってしまいます。

薬を飲んでいて髪の毛の量が増えたらもう薬は必用ないと感じるかもしれません。

しかし、効果を持続させたいなら飲み続ける必要があると言えるでしょう。

薬の効果がどれくらい持続するのかは個人差もありますが、服用をやめたら1ヶ月程度しか持続しないと言われています。

AGA治療を途中でやめるとどうなる?

AGAというのは完治することはありません。

薬を使えば薄毛を改善することはできますが、薬の効果は飲んでいる間しか持続しないということです。

そのため薬の服用をやめたら再び薄毛が進行してしまいます。

どのくらいの期間でAGAが再発するのかは人によって異なりますが、半年程度で影響が出てしまうということです。

もちろん薄毛治療は安いものではありませんし、ずっと続けるのは大変だと考えている人もいるでしょう。

その場合は薬の量を減らして髪の毛を維持する治療に切り替えていくことがポイントです。

それによって副作用のリスクも下げることができます。